2015年7月21日火曜日

 

 株式会社全銀電子債権ネットワーク(代表執行役社長 諸江博明)は、でんさいネットサービスの利便性向上のため、平成28年春頃を目途に、次のとおりサービス機能を改善いたします。

 支払サイトの長期化対応により、「でんさい」の支払方法が多様化するなど、お客様の利便性が一段と向上します。

 

①支払サイトの長期化

 記録可能な支払サイト(発生日から支払期日までの最大間隔)を、現行の1年から10年に長期化します。

 

②分割・譲渡記録予約中の分割記録取消

 分割・譲渡記録の電子記録年月日が到来するまでの間(予約期間中)に、譲受人が当該記録を取り消した場合、譲渡人が予約期間中に分割記録を取り消すことを可能とします。

 

③分割・譲渡記録予約中の債権金額表示

 分割・譲渡記録の予約期間中に、譲受人が「でんさい」の情報を確認した場合、分割後の債権金額を提示します。

 

 

注1

 お客様が独自にでんさいサービスに係る会計システム等を開発している場合、当該機能改善に伴うシステム対応が必要になる場合がございます。

 

注2

 サービス機能改善の具体的なリリース日は、改めてご案内いたします。

 

 

以上